二世帯住宅を建てるメリットデメリット

親と一緒に住みたい…と考えている方もいらっしゃると思います。その場合には、二世帯住宅を建てるという方法があると言えるでしょう。二世帯住宅を建てるには、さまざまなメリットがあります。

まず、二世帯住宅の場合、それぞれのプライベートを確保しつつ、広い家を実現することが出来るというメリットがあります。
通常の一戸建ての場合、どうしても各自のプライベートが確保しにくく手狭になってしまうことが多いです。
しかし、注文住宅で建てる二世帯住宅は、最初から親と同居であることを前提で間取りを決めることが出来るため、それぞれの生活空間を確保することが出来るというのが大きなメリットです。

しかし、二世帯住宅にはデメリットもあります。
それは、二世帯住宅の場合、売却時に困ってしまうと言うことと、いざライフスタイルに変化が起こってしまった場合、対応が難しいという点があります。

今は核家族化が進んでいるため、二世帯住宅はあまり需要がなく、売却時に思ったように売れないことがあります。