二世帯住宅に対しての考え方

二世帯住宅とは、家はつながっているけど、完全に分離されたものと考えられてきました。
世帯同士でライフスタイルが変わってくるので、お互いに遠慮なく暮らすためには、最低限水回りは分けた方がいいと言われてきましたが、今の二世帯住宅では、いろいろな形があります。

夫婦共働きをしているので、子供をお願いしたいと子世代から二世帯住宅をお願いすることが多いと言われています。
年齢を重ねていくにつれて水回りの仕事を頼みたいとお願いする親世代や、仕事が忙しいから水回りをお願いしたいという子世代など、いろいろな形があり、水周りやリビングは共有すると言ったケースも増えてきました。

完全別離型の二世帯住宅が多かった昔に比べ、今の二世帯住宅は同居型の注文住宅も増えてきているようです。

個人的な考えですが、私はこの先長い人生なので、サザエさん一家のように毎日笑いの絶えない暮らしが理想です。
プライベートな時間もほしいけど、一人の時間が長いと寂しく感じるのかなと思っています。